食品ロス(フードロス)とは?食品廃棄の現状を知って家庭でも対策を

フードロス(食品ロス)とは

「食品ロス」や「フードロス」という言葉を見たり、聞いたりしたことはあるでしょうか?
近年メディアで度々ニュースになっていますよね。


似たイメージの言葉に食品廃棄があるのですが、フードロスと食品廃棄では若干意味合いが異なります。
例えば、ある食事で骨付きの肉や魚を食べるとします。一般的には、骨は食べずに生ごみとして捨てることになりますよね。


そういった「もともと食べられない部分」を捨てることは食品の廃棄にはなりますが、フードロスには含みません。

食品廃棄のなかでも本当は食べられるはずなのに、捨てられてしまうものをそうと呼んでいます。


骨や皮、殻などを捨てるかなどによって区別されます
*骨や皮、殻など一般的に食用とならない部分の廃棄は区別されます。


フルーツの皮や種、芯などの部分も同様です。一方で、果実の部分を食べ残したり調理の過程で切りすぎてしまって捨てた場合には該当します。


フードロスが発生する原因は?

どうして出るの?

食べ物のごみを増やそうと思っている人はいないはずです。
とはいえ、出来るだけ新鮮なものを食べたい・提供したいということもあり、日本でも非常に多くの量のフードロスが発生してしまっているのが実情です。


原因の一例

●食べ残しや売れ残り
●鮮度の低下や腐敗、カビの発生
●製造や加工、調理過程での残り
など


日本におけるこの問題について

日本の食品ロス量は年間646万トン(平成27年度推計)と発表されています。
*平成30年6月21日版 消費者庁消費者政策課「食品ロス削減関係参考資料」(https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/information/food_loss/efforts/pdf/efforts_180628_0001.pdf)より。

何万トンの食べ物といっても、ちょっと想像しにくいですが、これを日本国民一人あたりに換算すると、毎日お茶碗1杯分のご飯を無駄に捨てているという目安が発表されています。全員が、毎日その量を重ねていったとすると、馬鹿にできませんよね。

食品廃棄物等は年間2,842万トンでしたので、食品廃棄物の約20%は、本来まだ食べられるのに廃棄されてしまう「フードロス」にあたります。食品ロスとなる646万トンという数字は、世界中で飢餓に苦しむ人への食糧援助量(約320万トン:国連世界食糧計画(WFP))のおよそ2倍となります。

日本の食料自給率はおよそ40%で、大半を輸入に頼っているのが実情です。その一方で、食べられる食糧を大量に捨ててしまっているのが、日本の食の現状でもあるのです。


フードロスが問題視される理由

食べ物を粗末に扱わないことは、ずっと昔から日本の食文化では言われてきたことです。世界の、とりわけ発展途上国と呼ばれる国や貧しい地域では食糧難が多発しています。地球上でそういった問題が発生しているなかで、安易に食べ物を捨ててしまうことは人道的な面でも問題と言えるでしょう。

それに加えて、大量の廃棄食糧を処分するためにはそれだけの資源やエネルギーを使うことにもなります。燃やすのであれば大量の二酸化炭素を排出することにもなりますし、埋めるのであれば土壌や水質への悪影響が懸念されます。


おいしい食べ物は豊かな自然環境があってこそのもの。自然環境の破壊や汚染はめぐりめぐって食べ物のおいしさや栄養にも跳ね返ってきます。


そして、これらの処分には費用がかかり、その一部には私たちが納めている税金も使われています。

「もったいない」を減らすために家庭でできること


食品ロスというと、近年では売れ残った恵方巻きだったり、飲食店での突然の予約キャンセルがニュースになったりと、商業事業のシーンで起こっているイメージが強いかもしれません。ところが、実際に食品ロスを出す割合をみると、食品関連事業者が全体の55%で、残りの45%は家庭からのものです。

そのため、私たちが普段の食生活で意識を変えて取り組むことで、フードロスの問題を改善に向かわせることが十分可能なのです。


家庭でできるちょっとした工夫

例えば…

買い物をする時に…

賞味期限と消費期限の意味を理解すれば、必要な分だけを買えるように!


調理をする時に…

食品どうしの相性やレシピを知ることで、食材の有効活用ができるように!
食材の特長や保存方法がわかれば、より良い保存ができる!


食事をする時に…

食べ物の大切さを知ることで、好き嫌いが少なく残さず食べられるように!


食育インストラクター養成講座の紹介

がくぶんの食育インストラクター養成講座は、食育の第一人者・服部幸應先生が監修・指導する唯一の通信講座です。

食育とは、自分で自分の健康を考えて食べ物を選んだり組み合わせたりできるよう、必要な知識や考え方を広める教育活動全般をさします。

栄養のことだけでなく、食に関するあらゆる世界に目を向けて食の大切さを考えてみることが食育です。

本講座では、特に「安全な食材の選び方」や「食のマナー」「栄養を活かした料理法」を中心に食の大切さや、食を通したコミュニケーションによる人間の育成などが実践できる知識と実践力を身につけられます。

ご家庭ですぐに活かせる調理例も満載で、子どもたちに正しい食生活を教えたいというお母さんはもちろん、学校や保育園、病院、福祉施設、保健所などで食育の指導者を目指す方にも最適です。

最新版のカリキュラムでは子どもの年代別に必要な食育情報や、多忙な毎日を送る受講生のライフスタイルのなかで実現できる食育の実践面に重点を置きました。

あなたもご自身やご家族の健康と安心な食生活のために、この機会にぜひ食育インストラクターをご活用ください。

食育資格が自宅で取れる 服部幸應の食育インストラクター養成講座 お申込みは今すぐどうぞ


受講を申込む

まとめ

食糧自給率の向上は、国内外の様々な要因による複雑な課題ですが、一般家庭と食育インストラクターの連携が、その解決に一役買うことが期待されます。

家庭が地域の食材を活用し、食育インストラクターが地域社会と連携しながら持続可能な食生活を提案することで、食糧自給率向上に向けた前進が期待されます。

これにより、30代から40代の女性たちが、地域社会と共により健康で持続可能な未来を築く手助けとなるでしょう。

キャンペーン実施中

10,000円キャッシュバックキャンペーン
今、食育インストラクター養成講座に入会された方には講座修了後(且つ受講料完納後)に申請できる、1万円キャッシュバック特典が適用されます!
※当社が案内してる他の特典やキャンペーンとは併用できません。

*専用のクーポンコードやエントリーは不要です。期間中の新規申し込みが対象になります。
*受講料を一度納入いただき、学習カリキュラムを修了してからの支給となります。
*該当者には学習用教材に特別奨励金申請書が同封されます。

食育インストラクター養成講座に関する情報

 食育インストラクタートップページ
| 食育資格の取得方法
| 教材・テキスト
| 受講生の声(口コミ・評判)
| 費用について
| よくある質問

食育インストラクター養成講座のおすすめコンテンツ

| 食育とは
| 食育基本法とは?
| フードロス(食品ロス)とは?
| 栄養バランスとは?
| 家庭の食卓の問題点(こ食について)
| 飽食とは

お電話でのお問い合わせ

受付時間:9時~21時

アクセス

〒162-0042 東京都新宿区早稲田町5番地4号
もうすぐ100年 通信教育・通信講座のがくぶん

がくぶんオンラインショップ がくぶんオンラインショップ
がくぶんとSDGs がくぶんとSDGs